「魔法少女戦記外伝」DL委託販売中!!

DMM 同人様 Melonbooks DL様 DLsite.com 様
DMM 同人様 Melonbooks DL 様 DLsite.com 様



最新記事ほか

【Android】Android Studio の導入 ~ Eclipse からの移行 その3

前回、前々回に引き続き、Android Studio の導入& Eclipse 環境からの移行についての記事になります。

【前回】http://atelierempress.blog.fc2.com/blog-entry-55.html


ついにいよいよ Eclipse 環境からプロジェクトを持ってくる作業が今回のメインとなります。

※この記事は「Android Studio Ver.1.3」を元に作成しています。
※この記事はすでに Eclipse での開発環境が構築済みの WindowsPC という前提になりますため、ゼロから始める方、 Mac をご利用の方には絶望的に不親切な記事となりますので、ご了承ください。







というわけで前回同様起動直後のこの画面からの作業になるのですが、ここから Eclipse のプロジェクトを持ってくる作業を始めます。


20150808_00.png

最初に「Import project (Eclipse ADT, Gradle, etc.).」をクリック。


20150808_01.png

するとフォルダを選択するダイアログが現れるので、Eclipse のプロジェクトフォルダ( AndroidManifest.xml があるフォルダ)を選択をクリック。


20150808_02a.png

フォルダの選択を終了して「OK」をクリックすると、また新たなダイアログが表示されます。
内容はだいたいですが、

このインポータは.jarやライブラリを Gradle 形式に置き換えます。ですが正確なバージョンが不明なため最新バージョンを使用します。最新バージョンで問題があればもう一度インポートして、下のチェックボックスを無効して調整してください。


という感じです。次にチェックボックスの項目ですが、上から

・.jarを置き換える
・ライブラリを 置き換える
・Gradle 形式に合わせて名前を変更する


です。特に問題がなければ全てチェック有効で「終了」をクリック。

インジケータが表示され、少し時間がかかりますがしばらく待っていると他の統合環境のようなウインドウが表示されます。
特に問題がなければ無事に終了するのだと思いますが、私の場合はエラーが発生しました。

20150808_03.png


エラー内容が文字化けしていてなんのことやら状態ですが、良く見ると「UTF-8」という文字が見られますのでコメントに使用している日本語が関係しているのではないかと思います。

20150808_04.png


というわけで色々調べてみますと、インポート時にあった「 Gradle 形式に置き換えます。」が原因の一つらしく、設定を一部書き換える必要があるようです。


20150808_05.png

ウインドウの左端に横向けで並んでいる「Project」という文字をクリックするとプロジェクトツリーが現れるので、その中から「Gradle Scripts\build.gradle」を選択し、一番下に以下の3行を追加します。


tasks.withType(JavaCompile) {
options.encoding = 'UTF-8'
}


20150808_06.png

変更を加えるとコードウインドウの上側にメッセージが現れますので、メッセージの右端にある「Sync Now」を押して変更を反映させましょう。


20150808_07.png

「Sync Now」を押した直後は下側のメッセージウインドウが引っ込んでしまうのですが、エラーが発生すればまた飛び出してきますw
ですが、エラーもなく無事に終了するとウインドウは引っ込んだままですので、ウインドウ下側にある「メッセージ」の文字をクリックすることにより、上図のような成功を確認することが可能です。

それでは実行してみますので、実機をPCに接続しましょう。
(管理人は動作の重いエミュレータが苦手ですので、実機に接続して実行しています。エミュレータ派の方すみません。)


20150808_08.png

実機を接続できましたら、ウインドウ上側にある再生ボタンのような三角形をクリックします。


20150808_09.png

実行前のビルドが成功するとダイアログが表示され、実行デバイスを選択する画面が現れますので、接続した実機を選んで「OK」を押しましょう。
これまで Eclipse で実行できていたプロジェクトであれば、特に問題なく実行できると思います。

ここまでできたら最後は GooglePlay にアップロードするための.apkファイル作成の作業を行ってみましょう。


20150808_10.png

メニューから[ビルド]->[Generate Signed APK...]を選択


20150808_11.png

ここからは Eclipse とほぼ大差がないと思います。
以前に.apkファイルを作成していれば.keystoreファイルもあるはずですので、「Choose existing...」で該当ファイルを選択し、Key store password を入力します。
.keystoreファイルのパスワードが正しければ Key alias も選択できるようになりますので、以前に作成した情報を選択して Key password を入力して「次へ」をクリックします。


20150808_12.png

最後に.apkファイルの出力場所とビルドタイプ(リリース or デバッグ)を選んで「終了」をクリック。


20150808_13.png

無事に出力が終了すると次のようなダイアログが表示されますので、「Show in Explorer」をクリックして出力された.apkファイルを確認しましょう。


ということで長々と Android Studio 導入記事を書いてみましたがいかがでしたでしょうか?

私の環境でもまだまだたくさんのプロジェクトを引越しさせる必要があるため今後も色々と問題が出るかもしれませんが、Google社製ということもあるので Android でアプリをリリースしていくにあたって Android Studio にしておくアドバンテージが何かと出てくるのではないかと考えています。
(個人的には cocos2d-x 関係で問題が出そうな予感がしていますが、問題があればまた記事にしてみますw)

これ以上長いのも野暮なので今回はこの辺にしたいと思います。
ではでは~ノシ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Empress

Author:Empress
同人サークル「Atelier Empress」を立ち上げてしまった愚か者です。少しずつでも作品を公開していければと思う次第でございます。

検索フォーム
リンク
カテゴリ
タグ一覧

同人 Unity 進捗 雑記 コミケ C89 小ネタ プログラミング Unity小ネタ 年末 新年 Android 

委託販売
スポンサード リンク
FLOWER KNIGHT GIRL オンラインゲーム 千年戦争アイギス オンラインゲーム
Twitter